たくさん入れても薄い財布

たくさん入れても薄い財布"ENVY"。その魅力に迫る!

By 田中 智之

気づけば財布がパンパン...
どうしてもカードが捨てられない!

そんな経験ないでしょうか?

断捨離やミニマリストなんて言葉も流行りましたが...キャッシュカードやクレジットカード、保険証や診察券にポイントカードなど必要なものは必要だし、執着せずに思い切って捨てるってなかなか覚悟がいることですよね。

そんな悩みの解決に向かうのが、「たくさん入れても薄い財布」がコンセプトのNIBURの長財布"ENVY"。一般的な長財布の小銭入れとカード入れの部分を見直し、独自の構造にすることで、たくさん入れてもパンパンになりにくい長財布を実現しています。

■ヘアメイクアーティスト R.Nさま
ラウンドファスナーの財布でファスナーが閉まらないくらいパンパンだったのに、閉まるどころか半分の厚みになりました。

■歯科助手 M.Tさま
色もキレイだし雑誌で見た瞬間、めっちゃトキメキました♪

■ショップ店員 S.Nさま
小銭入れが見やすくて、すごい取り出しやすいです!

■美容師オーナー N.Tさま
人生過去イチ使いやすい、、財布で毎日こんな気分良くなるなんて思わなかった。


こんな嬉しいお声もいただいており、BONITAで今一番勢いのある財布となっています。


薄い理由①:スナックポケット

封筒デザインのフタを開けると、そこには上下反転した封筒が...。ここが小銭入れになっていて、ファスナーやボタンを使わず、革の折り曲げだけでできています。

金具がないので、その分だけ薄くできるというわけです。これは、一度開けても再びフタができる菓子箱からヒントを得て「スナックポケット」と名付けられています。

金具がないので見やすく、取り出しやすい。手を傷つけたり壊れたりする心配もありません。

スナックポケットは、植物の成分でなめされたレザーだけが持つ可塑性という特性を利用しています。一度つけたくせをレザーが記憶していて、手を離しても自動的に折り曲がるのです。

大丈夫ですか?落ちないんですか?と不安の声も聞きますが、むしろその逆。レザーの特性を熟知している職人のアイディアが詰まった安心安全設計なのです。


薄い理由②:イレブンスリット

スナックポケットの奥にはマチ付きの札入れ、カード入れがあります。このカード入れが、スナックポケットとともに「たくさん入れても薄い」理由をつくっています。

一般的なカード入れの構造では、カードの段の分だけ革が積み重なってしまいます。カードを入れていない状態で、すでに分厚いです。それに対し縦に11 枚入れられる「イレブンスリット」は、革を折り曲げた2枚分だけ。カードが多く入るだけでなく、カードを入れていない状態で、すでに薄いのです。

まとまったカードは、イレブンスリットの奥へ。ここにもカードが大量に入るので、収納には困りません。


さらなる魅力

ファスナーやボタンを使わない、革の重なりが少ないことは軽さにも魅力をもたらします。当店の他の財布と比較しても、圧倒的に軽いです。

レザーには、イタリア語でLiscio=滑らかの意味を持つテンペスティー社のメイン・リスシオが使用されています。化学薬品ではなく植物の成分を用いて、時間と手間を惜しまずなめされたマットスムースなレザーです。

縫製は、完全な手作業でないとできない「サドルステッチ」と呼ばれる伝統技法。ピッチや糸番手も計算されており、ミシンと見分けがつかないほど緻密な手縫いで縫製されています。ミシンよりはるかに時間をかけられていて、耐久性に優れ、末長く使うことができます。

仕上がりの良し悪しを左右するコバは、丹念に磨かれた後に仕上げ剤を塗布するという二重の工程。耐久性に優れているだけでなく、高級感のある半光沢で、非常にエレガントです。

発色の良い軽快なライトカラー4色から選ぶことができます。


気づけば財布がパンパン...でも、どうしてもカードが捨てられない!それなら、ぜひこの「たくさん入れても薄い財布」を使ってみてください。

ENVYは「封筒=envelope」の愛称として名付けられていますが、envyをそのまま訳すと「羨む、妬む」となります。この財布を使っている方が、それいいな、真似したいな。と周りから羨ましがられる。もしかしたら、そんな財布なのかもしれません。

Only Holy Story

大久保氏の在廊とともに幕が開いたSHUN OKUBO “holy” exhibitionこの作品の制作に10ヶ月かかった…という制作にまつわる内容からバレンシアガにいた頃のパリの話ギャルソンの川久保さ...

田中 智之 ブログ

デザイナー在廊のお知らせ

デザイナーの頭の中を覗いてみたい。そう思ったことありませんか?SHUN OKUBO “holy”展では、初日の16(土)にデザイナーの大久保氏が在廊します。ブランドの世界観が伝わる絵画やオブジェのディ...

田中 智之 ブログ

「壁」といついつまでものお付き合い

BONITAを何で知りましたか?BONITAをなぜ利用しましたか?そこに絶対的な答えはないと思います。でも、相対的に多い答えなら僕はたやすく言い当てることができます。カガリユウスケ永続的に言い切れるこ...

田中 智之 ブログ

財布バカの夢

今年に入ってから、思い出したように懐かしい映画を観たり懐かしい音楽を聴いたり...ピンポンを観ては目から涙がこぼれてブルーハーツを聴いては胸がぐわーってなる言いたいこと言って、やりたいことやってる人は...

田中 智之 ブログ

幾何学の神秘と静謐さとポエジーと。

先にお伝えした2月のイベントの2つのうちの1つ。SHUN OKUBO "holy"展2.16(土) - 3.3(日)の期間で開催します。・SHUN OKUBOの初めてのクロスモチーフ・シンプルなフープ...

田中 智之 ブログ

偶数崇拝

今年の活動において決めたことが一つ偶数崇拝毎月やってたイベントを偶数月にだけ2ヶ月ごとの開催でその代わりに2つ偶数崇拝異なるカテゴリを組み合わせて何を起こせるか何が生まれるか2月はカガリユウスケ × ...

田中 智之 ブログ

あけまして。あらためまして。

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。毎年恒例の漢字一文字もはや去年が何だったかわからず、昨日ブログを見返しました。これではダメですね!笑気を取り直してあらためまして今...

田中 智之 ブログ

おまけみたいな時間

昨日で今年最後の営業が終了いたしました。毎年クリスマスが終わってから初売りまではおまけみたいな時間だと思っているのに、最終日までたくさんの方にご来店くださり、お電話やメールでやりとりさせていただき、実...

田中 智之 ブログ

カガリを愛する、すべての美容師へ。

3、4年くらい前だったかな。ちょうどvascoを取扱い始めたころvascoの丘染めの雰囲気で、シザーケースあったらなぁ...かっこいいだろうなぁ!って。デザイナーの並木さんに話したけど、僕も並木さんも...

田中 智之 ブログ