「追複」の巡回展。ちょっとその前に…

「追複」の巡回展。ちょっとその前に…

By 田中 智之

今週末より、いよいよカガリユウスケの巡回展がここBonitaで開催されます。カガリさんの展示は、Bonitaができてからこれで4度目。「virtual*wall 虚像の質感」、「都市型迷彩」、「FLOWER OF WALL」、そして「追複」。

初めは「追複」の意味がわかりませんでした。東京のアーツ千代田 3331での展示会でパンフレットをいただいて、持ち帰って熟読して、ようやくなんとなーくその意味と積み重ねてきた歳月の重さが理解できました。

パンフレットに書かれていた内容を転載させていただきますので、ぜひ巡回展の前にご一読ください。Bonitaの倍、それ以上に壁とひたすら向き合ってきたカガリユウスケの生の声。壁を表現することで、自分自身の内と対話してきた明松佑介の生の声。日常の反復=追複をし続けてきた、いや今も、そしてこれからもし続ける壁カバン作家カガリユウスケの姿がはっきりと浮かぶことと思います。


ぼくのからだには穴が空いている
それは誰にも見えない穴
見えないからだに空いた見えない穴
いつどこでなんで空いたかは分からない
生まれた時から空いていたような気もする
気づいたのは10代も終わりの頃
いろいろあって気がついた
あれ、空いているな?って 

気づいたら何だか気になってしまう
出来たてのニキビみたいに気になって気になって
毎日毎日見えない手で見えない穴をふにふに触る
何なんだろう、これは?って
毎日毎日穴のことを考えていたら、色んなものが穴に似て見える

夜の駐車場
山間に突然現れる遺跡みたいに巨大な高速道路
コピペみたいにデジャビュな国道沿いの風景
田舎町に不似合いな綺麗なビル
廃れた場所
人のいない都市
壁、壁、壁、壁…

ぼくはそれらが好きになる
だってそれはぼくのからだに空いた穴にとってもよく似ているのだから
ぼくは、ぼくなりのやり方でそれらの風景を再現しようとする
した
し続けた
10年。うそ。もっと長い。

手で風景を反復する
反復反復反復
続ける続ける続ける
壁壁壁

いつの間にかそれがぼくの日常になる
日常は強い
日常は怖い
日常は反復でつくられる
反復は反復を反復する

ぼくは毎朝わくわくしながら目を覚ます
今日は何をつくろう
今日も何かをつくれる
どんな服を着てつくろう
どんな気分でつくろうって
ぼくはずっとつくり続ける

それというのも、ぜんぶ穴のせいなんです
それが特に珍しいことじゃないのは分かっているけどさ

愛しのHATRAより大量入荷!!

お盆も終わり、朝晩と涼しい日が増えてきましたね。みんなのアイドル、アタカです☆(えさてさて、寒がりのアタカはもう秋冬のお洋服のことで頭がいっぱい。そんな時に!着心地最高!愛しのHATRAより爆裂新作入...

安宅 沙織 ブログ

MIRAH バトンピアスM 〜パプリカにのせて〜

こんにちは!お盆最終日、皆さんいかがお過ごしでしょう?実は!!ビッグニュースがございましたので至急ご連絡させていただく次第です。先日POP-UPを開催させていただいておりましたMIRAHより着用情報が...

安宅 沙織 ブログ

MIRAH POP-UP

6.29(sat)より開催しておりますMIRAH POP-UP。シルバーという素材の輝きを解き放つためのジュエリーブランドです。デザイナーである加藤氏の生み出すシルバーアクセサリーの輝き、その美しさは...

安宅 沙織 ブログ

【緊急告知】jouerのダークサイド

ただいま開催中のjouer avec moa?の予約会ですが、全作品においてカラーが2種類(白鳥と黒鳥)から選べるようになりました。白鳥の湖が舞台で、透明樹脂は白鳥オデット、黒色樹脂は黒鳥オディールと...

田中 智之 ブログ